blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
オスグッド〜膝の痛み〜


膝のお皿の下の骨の出っ張り(脛骨粗面)に腫れや痛みを訴えるものをオスグッドと言います。

一般的にはオーバーユース(使い過ぎ)や成長痛と分類されます。

しかし、実際にはオーバーユースも成長も関係なく、身体の構造・機能上無理な動きをしていることが原因のことが多いようです。


オスグッドのメカニズム

オスグッドは膝下に過剰に力がかかったときに発生します。

主な原因は股関節の運動制限です。

股関節が十分に動かないために、本来股関節の動きの中で吸収されるべき力が膝下の脛骨粗面と呼ばれる場所に逃げてしまい、痛みを訴えることが多いようです。


症例

小学校4年生 サッカー歴3年 男の子

2ヶ月前から軸足の左膝に痛みと運動制限

足を引きずって走れない

歩行は可能

屈伸運動はなんとかできるが痛みはかなり強い

体重がかかると痛みが強くなる

3週間ほど安静・電気治療などを行なうが症状の改善がみられず来院


治療

上半身の筋肉が異常に緊張していたため、まず上半身を緩める

また、両方の股関節の動きが硬くなっていたため、運動療法で動きを作る

その他、身体全体の動きのバランスを調整する


経過

運動はできる範囲で許可する

施術3回のあと、校内マラソン大会で3位

その後、サッカーの練習などで痛みの出る動きを逐一教えてもらい、筋力バランスを調整、動きを改善していく

約1ヶ月でほとんどの動きで痛みが気にならなくなる


オスグッドを含め、膝に痛みを訴えているもののほとんどは、膝に余計な力がかかってしまう動きになってしまっているからです。

運動も量の問題ではなく、やり方(動き方)の問題です。

身体の構造・機能上、無理のない動き方ができるように治せば、運動量がどれだけ多くてもケガをすることはありません。 



| 和心道 | 膝の痛み | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ