blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
阪神・城島選手、捕手断念〜野球肘と下半身〜
城島、今季は捕手としてのスタメン出場を断念 

本文に 
「持ち味である座ったままのけん制球など、野手と比べスローイングで肘に大きな負担がかかる。」 
とありますが、座ったままのけん制球だから、野手より肘に負担がかかるわけではありません。 

座ったままでも下半身を十分に利用したスローイングができれば肘に負担はかからないのです。 

城島選手は左膝を手術している通り、下半身が上手く機能できていません。 

そのため、下半身を利用しきれず、手投げ気味になり、結果、肘に負担をかけざろう得ない投げ方しかできなくなってしまっているのです。 

城島選手に限らずですが、まず治すべきは下半身の機能です。 

野球肘の患者さんはほとんどの場合、下半身の機能回復を図ると、症状がほぼ消失します。 

下半身が機能してくると腕だけで頑張る必要がなくなるためです。 

まず治すべきは下半身の機能です。 

下半身の機能回復を図り、上半身、特に腕の動きとの連携がとれる状態になれば、どんな体勢から投げても肘に負担がかかることはなくなります。 

本文に何度も「医学的に」とありますが、医学的に「肘」をみると「キャチャーはできない」ということになります。 

しかし、「物理的」視点から「身体全体の機能」を見ると、下半身と上半身の力学的連携がとれていないので、そこから治せば良くなるだろう、という話しになるのです。 


物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)







| 和心道 | 野球肘 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ