blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
前十字靭帯損傷
前十字靭帯損傷の患者さんがいらっしゃいました。

昨年手術をして半年以上のリハビリ。

ようやく少しずつ練習ができるようになった矢先、同じ所を同じように傷めてしまったそうです。

私の知人でも大学に入学早々、練習中に前十字靭帯損傷をして手術。
2年の夏頃、練習を再開したものの、3年に入って再び反対を同様に傷めまた手術。
大学生活のほとんどを手術とリハビリで過ごした、という方がいました。

学生生活はそれほど長くありません。

手術によって半年以上をリハビリに費やすのは大きな損失です。

前十字靭帯損傷と思われるものでも、症状によっては手術をせずに治すことが可能です。

同じ箇所を何度もケガをするというのは、「その場所に負担をかける動き」が治っていないからです。

身体の状態を観ると首から背中をひねっており、股関節の動きの硬さもあって、痛めた膝に過度の負担をかける動きしかできない状態でした。

背中のひねったバランスと股関節の動きを戻すことによって歩行の不安定さがなくなり、ほとんどしゃがめない状態だったものがほぼ普通にしゃがめるようになりました。

この分だと手術をしなくても済みそうです。

手術をせずに治療をすすめられれば、「治療=機能回復」となり、リハビリが必要なくなるため、時間の短縮になります。

リバビリに奪われるはずだった時間を思い切り練習に当てられるようになるでしょう。

時間は有限です。

時間を大事に使いましょう。




物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)










| 和心道 | 前十字靭帯損傷 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ