blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
10年来の腰の痛み
学生時代から、10年以上腰の痛みが続いている、という患者さんがいらっしゃいました。

これまで何をしても良くなる気配がみられず、「一生付き合うしかないのか」とあきらめかけていたそうです。

前に曲げることはほとんどできず、長時間座っていると足にしびれが出てしまう。

左右にひねることも後ろに反ることも痛みを伴い、常に痛み、しびれがある状態でした。

身体の状態を観ると左右の脚の角度方向がバラバラで、上半身を支える機能が果たせていない状態。

股関節を中心に左右の脚のバランスを治すと、症状が劇的に改善し、前屈して手が床に着くまでになりました。

1回の治療でここまで劇的に良くなる場合、身体の状態が悪い方に戻るのもはやいことが多いのですが、この患者さんもそのパターンでした。

しかし、患者さん自身、これまで良くなる気配が全く感じられなかったものが、「良くなる可能性がある」と感じてもらえたのは収穫でした。

その後、治療によって、良くなっては少し戻ってしまう、「3歩進んで2歩下がる」を数度繰り返すうち、身体が良い状態を覚え始め、症状が安定するようになりました。

現在は痛みを気にすることなく動けているそうです。

腰を支えているのは「左右の脚」です。

腰は脚に支配されているといっても過言ではありません。

左右の脚が上手く腰を支えてくれないと、腰に余計な負担がかかり、痛みとなります。

良くなっていく過程は、身体の状態や個人の体質によって異なりますが、腰の痛みを治すには、「脚の機能」から治す必要があるのです。






物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)











 
| 和心道 | 腰の痛み | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ