blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
手首の痛み〜本質を見極める〜
野球をやっていて手の甲に打球をぶつけて右の手首を傷めた患者さん。

1ヶ月経っても痛みがとれないとのこと。

身体の状態を見て治したのは右の股関節、右手の親指の付け根、右の肘の筋肉。

これによってどの方向に動かしても痛みがでなくなりました。

痛いのは手首でも、手首自体が悪いわけではなく、根本的な原因は全く違ったところにあります。

ドラマ「ガリレオ」での湯川先生の口癖は「現象には必ず理由がある」。

現象(症状)と理由(原因)を取り違えてはいけません。

手首が痛い≠手首が悪い

つまり、手首を治療しても意味がない、ということです。

なぜ1ヶ月も手首が痛いままなのか、その理由を論理的に導き出すことが重要なのです。


和心道接骨院
http://homepage3.nifty.com/wa_shin_do/
さいたま市桜区上大久保709
Tel.048-858-7760(予約優先)
| 和心道 | 手首の痛み | 00:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ