blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
柔軟性を高める運動法〜ついでに「猫背」の治し方、「肩甲骨」の可動範囲の広げ方(笑)〜

以前、ストレッチでは身体は柔らかくならない、というお話しをしました。
 

必要なのは、筋肉の拮抗バランスを整えることだと。
 

では、筋肉の拮抗バランスを整えるためにはどのような運動をすれば良いのか?
 

最も簡単な運動は「踏ん張る」ということです。
 

正しく踏ん張るためには基準があった方が良いので、イスかベッドに浅めに座っている状態が良いでしょう。
 

両足はつま先が膝から隠れるくらい引いて、足の裏を床にしっかり着きましょう。
 

股関節を基準に骨盤を立てていくと、自然と背筋が伸びてくると思います。
 

脱線しますが、これで猫背は治ります。
 

背中が丸まるのは、背筋の問題ではなく、骨盤が後屈しているため、バランスをとるためです。
 

背中が伸びたまま骨盤が後屈したら後ろにひっくり返ってしまいますからね♪
 

脱線ここまで。
 

背筋が伸びてきたら、そのまま身体を前に少しずつ傾けていきましょう。
 

イメージはバレーボールのレシーブの構えです。

前に傾いていくと、お尻が勝手に浮いてくると思います。
 

この位置が、前後のバランスがとれて足の裏に身体がバランス良く載った状態です。
 

この状態になると太ももの前、大腿四頭筋でがんばっている感覚があると思います。
 

この体勢で数秒から、静止しましょう。
 

この運動を何度か繰り返したあとに前屈してみるとあら不思議、運動前より曲げやすくなっていることに気づくと思います。
 

これは、バランスのとれた場所で踏ん張ることにより、太ももの前後の筋肉の力学的バランスがとれたためです。
 

この踏ん張った状態で肩甲骨を動かしてみると、普通に座っているよりも可動範囲が広く、動かしやすいと思います。
 

骨盤が起きて、体幹の前後のバランスがとれたためです。
 

ちまたで肩甲骨の運動が流行っているようですが、下半身が意識できていないと、肩甲骨が動きづらい状態のまま動かすため、筋肉痛のような症状や揉み返しのような張りが出てしまう場合があるので注意しましょう。
 

というか、下半身、体幹の前後のバランスがとれれば肩甲骨は動ける状態になるのでわざわざ動かさなくてもいいんですけどね♪

・・・
 

また脱線(苦笑)
 

スポーツをやっていると必ず、
 

「足腰を鍛えろ!」
 

「腰を落とせ!」
 

などと言われますが、「足(脚)」が「腰から上」をしっかり支えていないと、身体がちゃんと機能しないからなんですね。
 

正しくできていればこれだけで、肩こりも腰痛も膝痛も、ほとんどみんな良くなってしまいます。
 

これではおまんまの食い上げですね(苦笑)
 

患者さんを減らしてしまう自虐ネタですが、読んだ方が少しでも自分の身体を使いこなせるようになれば幸いです。
 

力学の専門家

レバレッジ・セラピスト
 

 

| 和心道 | 身体の柔軟性を高める | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
身体の柔軟性を高める〜ストレッチでは柔らかくならない!〜
スポーツをする上で重要なひとつの指標が「身体の柔軟性」です。

柔軟性を高めるために一般的に行なわれているのが「ストレッチ」です。

しかし、毎日一生懸命ストレッチをしてもなかなか身体は柔らかくなりません。

これはなぜでしょうか?

これは「柔軟性を高めるのに必要なのはストレッチではない」からです。

「柔軟性」とは何かというと、「関節の可動範囲が広いこと」です。

ストレッチは筋肉・関節を伸ばすことを目的に行なわれますが、それでは関節の可動域は広がらないのです。

関節の可動範囲を決めるのは「その関節における筋肉の拮抗作用のバランス」、つまり曲げる側の筋肉と伸ばす側の筋肉の力関係です。

このバランスがとれている時、関節はその関節の持っている最大の可動範囲に動いてくれます。

したがって、柔軟性を高めるのに必要なのは、ストレッチではなく、「筋肉の拮抗作用のバランス」を取るための運動なのです。

この運動を正しく行なえば、次の瞬間には関節の可動範囲は広がります。

立った状態で身体を前屈して、手が床から20cm以上離れている人が、この運動の直後に床に手が着くようになるのは、この運動によって「筋肉の拮抗作用のバランス」がとれるためです。

柔軟性を高めることで、身体の持っている機能を無理なく最大限発揮することができます。
また、無理なく動けるようになるため、ケガの予防にもなります。

「身体が硬い」と思い込んでいる方も、生まれつき関節の可動範囲が狭いわけではなく、「筋肉の拮抗作用のバランス」がとれていないため、その範囲でしか動けていないだけです。

「身体が硬い」「毎日ストレッチしているのに柔らかくならない」「ケガをしやすい」「ケガが治らない」とお悩みの方、「スポーツがもっと上手になりたい」とお考えの方、お気軽にご相談ください。



「物理学的運動理論」で3ヶ月の練習よりも30分の治療の方が上達





| 和心道 | 身体の柔軟性を高める | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ