blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
膝・足首の靭帯損傷後の不安定性
膝・足首の靭帯損傷後に不安定性を訴える患者さんは非常に多いです。
ほとんどの場合、「クセになっている」とか「靭帯が伸びているから」とかいう理由で、「ケガをしたのだからしょうがない」とあきらめてしまいます。
しかし、この不安定性は治すことができます。
それには、この不安定性の原因を正しく知ることが大切です。 不安定性の原因は、「正しく体重がかけられなくなっているから」です。
本来水平であるべき膝・足首の関節面の水平が保てず、そこに垂直にかかるべき力が垂直にかからなくなってしまっている。
そのため、足底にかかるべき力が膝・足首にかかってしまい、不安定性を生み出してしまうのです。
関節面の水平、力の垂直を狂わせているのは膝・足首自体ではなく、首や背中、股関節などです。
そのため、リハビリをしてもトレーニングをしても不安定性が治らないことが多いのです。
原因を正しくとらえて治療を行えば、不安定性はなくなり、再び同じケガをすることも防ぐことができます。
「一生付き合っていかなければ」などとあきらめないでください。
正しく治せばちゃんと良くなります。
 

 
| 和心道 | 膝・足首の靭帯損傷後の不安定性 | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ