blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
野球肩・野球肘〜原因の捉え方と根本治療〜
野球肩・野球肘の原因は何か?
「投げ過ぎ」といった抽象的で曖昧なものではありません。
答えは簡単。
「肩や肘を傷める投げ方」をしているから。
これ以外にありません。
どんなに速い球を投げられようが、プロでどんなに活躍しようが、傷める時点で投げ方が間違っているのです。
肩や肘に負担のかからない投げ方をしていれば、何球投げようと、何年投げようと傷めることはありません。
しかし逆に、傷める投げ方をしていれば、たったの一球で傷めることもあります。
野球肩・野球肘の原因はただ一つ、「肩や肘を傷める投げ方」をしているからです。

それでは治療は?
安静でも、マッサージでも、トレーニングでも、手術でもありません。
これらは全て「対症療法」であり、根本的な解決にはなりません。
「手術が対症療法?」
と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
手術は投球によって腱などが「切れた」という結果に対して「つないだ」というだけです。
「なんで腱が切れるに至ってしまったのか」という原因は解決されていないのです。
そのため手術をして機能が回復せず、投げられないままの人が多いのです。

根本的な治療もただ一つ。
「肩や肘を傷める必要のない投げ方ができるように治すこと」です。
解剖学的な身体の構造と機能を、物理学的な運動理論に照らし合わせて治す必要があります。
ここでポイントなのは「投げ方を治す」のではなく、「投げ方ができるように治す」ということ。
言葉で「肘の高さが・・・」とか、「腕の振りが・・・」とか、「踏み込みが・・・」とか言っても、身体がその動きができる状態になければ正しく動くことはできず、治りません。
しかし、身体の各所に刺激を与え、力が入るべきところに力が入り、抜けるべきところは抜けるように治してあげると、身体は正しい投げ方ができる状態になります。
この「正しい投げ方ができる状態」になったところで、踏み込みや腕の振り、頭の位置などを補足して教えてあげると、それほど時間がかからず「肩や肘を傷める必要のない投げ方」ができるようになります。
「肩や肘を傷める必要のない投げ方」ができる状態になれば、身体は痛みを出す必要も動きを制限する必要もなくなり、自由に思い切り投げられるようになります。

「肩や肘を傷める必要のない投げ方」とは、身体に負担のかからない、無理・無駄のない、効率の良い投げ方です。
野球肩・野球肘が治った多数の方から、「球が速くなった」「コントロールが良くなった」といったご感想をいただいております。

本来であれば、この投げ方は、肩や肘を傷める前に身につけておくべきものです。

肩や肘を傷めていない方でもご相談を受け付けております。
お気軽にご連絡ください。









 
| 和心道 | 野球肩 | 01:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
投球の本質と野球肩

投球動作を冷静に分析してみましょう。



和心道接骨院
http://homepage3.nifty.com/wa_shin_do/
さいたま市桜区上大久保709
Tel.048-858-7760(予約優先)
| 和心道 | 野球肩 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本ハム・斎藤祐樹投手、肩を負傷〜起こるべくして起こるケガ〜
先日、日本ハムの斎藤祐樹投手の肩の負傷が報道されました。
手術は回避してフォームの修正によって回復を図るようです。
斎藤投手の投球フォームはいつ肩を傷めてもおかしくないものでした。
 
正面からの写真を見るとわかりやすいのですが、ボールをリリースする時点で股が開いているのがわかります。
これは、下半身が機能しきれず、腰が回りきっていないことを示します。
そのため顔から上体を左へひねり、下半身の動きを補っています。
投げ終わりの時点でも股は開いたままで身体が左に流れているのがわかります。
本来下半身で動くべき動作を顔から上体のひねりと腕の振りで補っているため、肩に必要以上に腕を振る遠心力が作用し、肩を傷めてしまうのです。
斎藤選手を治療する場合、肩を治療する以前に、下半身の回転の修正と、その回転を利用した腕の振り、下半身と腕の動きの連動性を治す必要があります。
それを治さないかぎり、仮に痛みが消えても、投げるとまた肩に負担がかかり痛みがでてしまうからです。

ほとんどのケガは起こるべくして起こります。
それは、ケガをするような動きをしているからです。
どんなケガでも痛みが消えれば良いのではなく、痛みがでる必要のない動作ができるように、身体全体を見渡して治す必要があるのです。



物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


| 和心道 | 野球肩 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
野球肩・野球肘がなかなか治らない理由
野球肩・野球肘がなかなか治らないと言う方、多いと思います。

当院にも、3ヶ月という方から、3年、7年、とかなり長期間治らずお困りの方がたくさんいらっしゃいます。

皆さん、治療もトレーニングも一生懸命されている。

にもかかわらず、なかなか改善がみられない。

これは治療しているのが「肩」や「肘」だけだからです。

身体はつながっています。

「肩」や「肘」が独立して存在しているわけではありません。

ほとんど知られていませんが、「肩」や「肘」の機能は、下半身の影響をかなり受けます。

まず治すべきは「肩」や「肘」ではなく、下半身なのです。

下半身の踏み込みと、体重移動、それに伴う腰の回転がしっかり機能すれば、肩や肘に負担をかけることなく腕が振れてきます。

下半身が機能しきれないまま腕を振ろうとすると、いわゆる「手投げ」の状態になります。そのため、肩や肘に負担をかけ、痛みが出るのです。

プロ野球選手でも肩や肘を傷める人がいるのは、プロ野球選手ですら、「下半身を利用しきれた投げ方ができていない」からです。

下半身を治療し、正しく機能できるように治さなければ、いくら肩や肘を治療し、トレーニングしても肩や肘の機能は改善しないのです。

そのため、何年経っても良くならない、と言う方が多いのです。

下半身の機能を治すだけで、肩や肘の症状が改善・消失される方がたくさんいます。

肩や肘の痛みがなかなかひかない、思うように投げられないという方、下半身の機能が治っていない可能性が高いです。

お気軽にご相談ください。

参考までに




物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)





| 和心道 | 野球肩 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
斉藤和巳投手の投球フォーム〜野球肩から復活できない理由〜
2008年春の手術以降、実戦登板ができていないソフトバンク・斉藤和巳投手。
4年経つ現在も肩の調子は良くならず、リハビリ中、とのこと。
しかし、斉藤投手の投球フォームを観るかぎり、肩のリハビリをいくら続けても、復活は難しいと考えられます。

斉藤和巳投手

写真を観てわかるのは、「下半身が利用しきれていない」ということ。

踏み込んだ左足が外に流れている。
そのため、右足も内側に返りきれていない。
つまり「腰が回っていない状態」で投げている。
いわゆる「手投げ」の状態です。

涌井投手 正面

涌井投手と比較すると、斉藤投手のフォームが、下半身が割れて脚が開き、上体が左に流れているのがわかります。

下半身を利用しきれず、腰が回らないまま投げようとすると、身体は、本来「腰の回転」で行なうべき動きを「肩の動き」で補おうとします。
そのため、正常範囲を超えた過度な負荷が肩にかかってしまうのです。

いくら肩を手術し、肩のリハビリをしても、この「肩に負担をかける投げ方」が治らないかぎり、肩は正常に機能できず、投げることはできないのです。

斉藤投手の場合、まず治すべきは「下半身の機能」です。

左右の脚を、正常に機能できるように治し、「腰の回転」が上手くできるようになると、腕は振ろうとしなくても振れてきます。
すると、肩にも正常な負荷しかかからなくなるため、痛みが出ることがなくなり、思い切り投げることができるようになります。

野球肩でお悩みの方のほとんどは「下半身の機能」が回復しないまま、「肩だけ」の治療・リハビリを続けているため、いつまでたっても治らないのです。
肩だけでなく、下半身の踏み込みを含めた投球動作の一連の流れを正しく治療することが、野球肩克服の近道です。





物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)








| 和心道 | 野球肩 | 23:23 | comments(8) | trackbacks(0) |
野球肩は下半身から治す!
今週、野球肩の患者さんを治療していて、改めて感じたこと。

「野球肩を治すには下半身から!」

下半身の体重移動が不安定、且つ、上半身を支える力も不安定。

この状態だと、下半身の力を利用できなくなるため、どうしても上体の反動で投げざるを得なくなる。

いわゆる「手投げ」の状態。

下半身の機能を治し、下半身の動き・力を無理なく腕に伝えられるようになると、腕は振ろうとしなくても振れてくる。

結果、肩にも肘にも負担がかからなくなる。

最初、上体が力んで、投げ終わりにふらふらしていた患者さんの投げ方。

5割程度でボールを投げても肩に痛みが出ていた。

下半身の機能が噛み合ってくると、ふらつきがなくなり、8〜9割で投げても痛みなし。

上体の力みもなくなり、ムチのように腕が振れるようになりました。

やはり、土台である下半身が機能してはじめて、肩に無理のかからない理想的な投げ方ができるようになるのだと感じました。










物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)






| 和心道 | 野球肩 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
工藤投手、引退〜肩の痛みと治療〜
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20111209-OHT1T00246.htm

西武、ダイエー、巨人などで活躍した工藤公康投手が引退を発表しました。

肩の痛みが消えなかったことが決断の理由だったそうです。


工藤選手のブログ


工藤選手はコンディショニングに気を使われている方でした。

以前読ませていただいたブログに、

「肩、肘、腰、膝など、身体のいろいろな場所をチェックしながら練習をしている」

というような内容がありました。

また、

「本当は全身チェックしたいのだけれども、難しいので特に注意している場所しかチェックできない」

ともありました。


そこまで身体に気を使われていた方だから30年間現役でできたと言えます。

しかし、「全身をチェックできなかった」からこそ、肩の痛みに苦しみ、引退に至ったことも事実です。


以前から私は訴えていますが、「肩の痛み」=「肩が悪い」ではないのです。

工藤選手のブログに

「注射を打っても痛みのひかない日々を過ごしていた」

とありますが、注射を打っても痛みがひかないのは、原因が肩自体にあるわけではないからです。


身体の動きは全身の連動性によって生まれます。

1つの関節が単独で機能することはありません。

肩の動きも然りです。

いくら肩を動かそうとしても、肩以外の部分が肩の動きに協力することがなければ、いくら肩を意識し、肩の治療を行なっても、肩は自由に動いてくれません。


「肩の動きを邪魔しているのはどこなのか」という、肩の動きが阻害されている真の原因を把握し、治していかなければならないのです。


当院の患者さんたちは皆、痛いところはほとんど触りません。

しかし、ほとんどの方が良くなられています。

それは、原因を正しく把握し、治療を行なうことによって、身体全体の協調性、連動性がとれているからです。


私の感覚では、工藤選手はまだまだ現役の第一線で活躍できると考えていました。

私の青春時代のプロ野球の中心には必ずと言っていいほど工藤選手がいました。

コンディショニングという点でもとても参考にさせていただきました。

思い入れのあった選手だっただけに、今回の引退発表は非常に残念です。


個人的にはもう一度現役に復帰して活躍してもらいたいです。



物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)


| 和心道 | 野球肩 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
投球フォームは「直す」のではなく「治す」〜野球肩の治療〜

肩に痛みを訴え、ボールを投げられなくなってしまっていた方の投球フォームは、治療の前後で別人のように変わります


患者さんの感想は「痛みがなくなった」「腕が楽に振れた」「身体が軽くなった」など。


患者さんに治療後、「投球時、何か意識していますか?」と聞くと、皆さん「何も意識していない」と答えられます。


つまり、患者さんの脳は治療前も治療後も変わらず、同じように「ボールを投げろ!」と命令しているだけなのです。


脳の命令は変わっていないのに、投げ方は全く変わってしまっているわけです。


自分がどのように動いているかを認識すること、動きを意識してコントロールすることの難しさを物語っています。


そのため、投球フォームを変えるためには、意識して「直そう」とするのではなく、治療によって「治さ」なければならないのです。




物理の法則から運動機能を回復させる専門の治療院〜和心道接骨院〜

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)





| 和心道 | 野球肩 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャッチャーの野球肩
キャッチャーで肩に痛みを訴える人がよくいらっしゃいます。

しかし、通常の野球肩の症状とは少し異なります。


通常のキャッチボールは全く問題ない。

しかし、キャッチャーの守備について、捕球からの送球になると痛む。

もし肩が悪かったらキャッチボールの時点で痛みます。


いったいどこが悪いのでしょうか?


答えは下半身です。


捕球から送球に移行する際の体勢の変化・体重移動が上手くいっていないのです。

下半身の移動が不十分なため、不安定な体勢での送球になってしまう。

そのため肩に余計な負担がかかり痛みを出すのです。


治すべきは下半身。

下半身の機能を治し、捕球から送球への体勢の変化・体重移動が素直にできるようになることによって肩への負担がなくなり、痛みなく投げられるようになるのです。



腰を落として構えるキャッチャーは、ほかのポジションよりも強靭な下半身が必要になります。

ただしゃがんでいるのではなく、「しっかり踏ん張って腰を落とす」ことによって送球やフライの処理などに無理なく俊敏に反応できるのです。

下半身の機能を治すことは、キャッチャーとしての技術を向上させることにつながります。


物理の法則から運動機能を回復させる専門の治療院〜和心道接骨院〜

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)

| 和心道 | 野球肩 | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) |
「投げ過ぎ」について〜野球肩の原因〜
 よく野球肩の原因は「投げ過ぎだ」と言われています。

「肩は消耗品だ」とも。

しかしそれは事実ではありません。

「投げ過ぎ」には基準がないからです。


何球以上投げたら投げ過ぎ?

何球までは投げ過ぎではない?

人間は一生のうちに投げられる球の数は決まっているの?


明確なデータは出せませんよね。


「投げ過ぎ」はあくまで感覚的なもので、肩を傷めると、イメージとして「投げ過ぎ」となるのです。


では、肩を傷めていない人はあまり投げていないのか?となります。


そんなことはありません。

プロの第一線で投げている投手は練習も含めたら年間で何万球投げているか解りません。

でも、肩を傷めていない人はたくさんいる。

これはなぜか?


要は「投げ方」の問題。

肩や腕の力に頼らず、全身をバランスよく投げられている人はどんな球数を投げても肩を傷めない。

逆に、無理な投げ方をすればたったの1球で傷めることもあります。


自分の身体に合った投げ方を身につければ肩を痛める心配はありません。


当院では「投げ方」の治療を行なっております。

骨格の構造と筋力バランスの観点から、物理的にその人の身体に合った投げ方ができるよう施術を行ないます。


自転車も乗れてみないと自転車に乗る感覚が解らないように、投げるのも、実際にバランスよく投げられてみないと本当の意味での「投げる」という感覚は解りません。


身体のバランスを治し、自分の身体に合った投げ方を体感してみませんか?



| 和心道 | 野球肩 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ