blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
治療をしても治らない理由
ケガや病気など、身体の調子が悪い時、どこかしらで治療を受けることになります。
しかし、治療を受けても良くならない、治らない、といったことがしばしばあります。
この理由は簡単です。

1.症状に対しての原因の捉え方が間違っている
2.原因の捉え方は合っていても、それに対する治療法が間違っている

治療を行っても治らない時、治療家が考えなければならないのは、「治らない言い訳」ではなく、「新たな治す方法」です。
治らない治療を続けても治りません。
治らないとわかった時には新たな方法を考えなければならないのです。
当院で新しい治療法が生まれる時は、ほとんどが患者さんの治療中です。
治らないと感じた時、過去に固執せず、新しい方法を模索する。
患者さんの身体をどのように正常に戻すか・・・
そんなことを考えているとその患者さんの身体に合った治療法が浮かんでくるものです。

「この症状にはこの治療法」といった先入観にとらわれず、固定観念を持たない。 
身体を治すためには、発想の転換する柔軟な思考が必要です。

 

 
| 和心道 | 治療をしても治らない理由 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ