blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
足底筋膜炎/足底腱膜炎

「足底腱膜炎」は、一般的に足の裏に過度の負荷がかかり、炎症を起こしたもの、とされていますが、実際の痛みの原因は「炎症」ではありません!
 

例えばキャッチボールでボールを捕る時。
 

飛んでくるボールに手を伸ばして捕ることはありませんよね?
 

普通は肩・肘・手首のクッションを使ってボールの衝撃を吸収するはずです。
 

足の裏も同じです。
 

歩く・走るの際、地面に足の裏を押し付けるのではなく、股・膝・足首のクッションを利用して衝撃を吸収できていなければならないのです。
 

股・膝・足首の連動性が機能せず、衝撃が吸収できないと、足の裏に過度の負担がかかり、痛みがでるのです。
 

つまり、治療すべきは「足の裏」ではなく、「股・膝・足首の連動性」だということです。
 

股・膝・足首の連動性が改善すれば、足の裏は痛みを出す必要がなくなります。
 

動画での解説はこちら。

 



「治す」の一歩先へ!
一流アスリート以上に自分の身体を使いこなす!
日本初のレバレッジ・セラピー
和心道接骨院
http://wa-shin-do.jimdo.com


さいたま市桜区上大久保709
TEL048-858-7760(予約優先)

| 和心道 | 足底筋膜炎/足底腱膜炎 | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ