blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
<< 2012年06月27日のつぶやき | main | 7月の休診日 >>
斉藤和巳投手の投球フォーム〜野球肩から復活できない理由〜
2008年春の手術以降、実戦登板ができていないソフトバンク・斉藤和巳投手。
4年経つ現在も肩の調子は良くならず、リハビリ中、とのこと。
しかし、斉藤投手の投球フォームを観るかぎり、肩のリハビリをいくら続けても、復活は難しいと考えられます。

斉藤和巳投手

写真を観てわかるのは、「下半身が利用しきれていない」ということ。

踏み込んだ左足が外に流れている。
そのため、右足も内側に返りきれていない。
つまり「腰が回っていない状態」で投げている。
いわゆる「手投げ」の状態です。

涌井投手 正面

涌井投手と比較すると、斉藤投手のフォームが、下半身が割れて脚が開き、上体が左に流れているのがわかります。

下半身を利用しきれず、腰が回らないまま投げようとすると、身体は、本来「腰の回転」で行なうべき動きを「肩の動き」で補おうとします。
そのため、正常範囲を超えた過度な負荷が肩にかかってしまうのです。

いくら肩を手術し、肩のリハビリをしても、この「肩に負担をかける投げ方」が治らないかぎり、肩は正常に機能できず、投げることはできないのです。

斉藤投手の場合、まず治すべきは「下半身の機能」です。

左右の脚を、正常に機能できるように治し、「腰の回転」が上手くできるようになると、腕は振ろうとしなくても振れてきます。
すると、肩にも正常な負荷しかかからなくなるため、痛みが出ることがなくなり、思い切り投げることができるようになります。

野球肩でお悩みの方のほとんどは「下半身の機能」が回復しないまま、「肩だけ」の治療・リハビリを続けているため、いつまでたっても治らないのです。
肩だけでなく、下半身の踏み込みを含めた投球動作の一連の流れを正しく治療することが、野球肩克服の近道です。





物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)








| 和心道 | 野球肩 | 23:23 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:23 | - | - |
コメント
何故リリース前とリリース後の写真を比較して「下半身が使えてない」と判断できるのですか?

投球モーションにおいて、リリース後に腰が浮き上がっているのは当たり前です。

動画をみれば、斉藤投手が涌井投手以上に下半身中心に投げていたことは自明かと思いますが。
| あ | 2012/08/31 12:48 PM |
細かくいえば、左右の股関節の回転を利用しきれていれば、リリース後、腰は浮きますが、股が開いているのはおかしいからです。
腰が回りきるためには、最終的に股は閉じているべきだからです。
斉藤選手の写真では、投球後にも関わらず、股が開いているため、「下半身が使い切れていない」という表現にさせていただきました。
動画では、瞬間的な動きで、細かいところまでわかりづらいので、わかりやすい写真を取り上げさせていただきました。
| 和心道 | 2012/09/01 11:52 PM |
体の動きに詳しい落合監督が日本球界でもっとも優秀な投手と評してるんだから違うと思いますよ。

むしろ斉藤ほど下半身を使って投げてた投手は珍しい。

涌井投手は斉藤さんには勝てるきしないと発言。

怪我した理由は2007年に無理して投げたこと。
| n | 2012/10/14 11:47 PM |
確かに動画を見てると、一塁側に倒れそうな時が何度かありますね。
時々流れない時もありますが。
変化球の時は必ず安定してますね。
地肩が強いように思います。
| k | 2012/10/17 10:57 PM |
写真では非常によくわかりますね。
斎藤投手は右腰がやや後ろに残ってますね。
| あぶ | 2012/11/04 1:21 PM |
斎藤投手は左膝と右腰の間隔が広い分、股関節の回転し切れてないですね。
| あぶ | 2012/11/04 1:24 PM |
みなさん。この方が言ってるのは全て間違いです。まず手投げという点ですが手投げじゃないです。手投げというのはヒップファーストが出来ておらずに上半身先行(ヘッドファースト)による上半身だけで投げることです。斉藤投手は見事なヒップファースト、そしてトップの時点で膝が地面に着いています。
事実、身長約190センチありますが高い位置から投げ下ろすスタイルではありません。次に開いてる?(開いてないけど)これを開いてるというのは少年野球の素人コーチレベルだとそう思うでしょうね。投げるという行為は投球動作時に遠心力、慣性力を必要とします。この2つがあるため腕がしなるのです。(一般に言う女の子投げはどちらもありません)そして斉藤投手はこの写真では確かに外側に少し足が開いているように見えるんでしょうけどこのリリース後のタイミングで脚を閉じてしまうと慣性力、遠心力にブレーキをかけてしまうことになります。そしてブレーキをかけたことにより下半身から肩にかけてその負荷が肩にかかります。第一、そんなに問題視するほどに足が開いていればシュート回転するでしょ(笑)てかあんたに日本一の投手のフォームに文句言えるほどの実力あんの?120キロも投げれねんだろうけどさ。とにかく!みなさん、斉藤さんは素晴らしいフォームです!参考にしましょう!
| y | 2013/07/13 7:11 PM |
ラスト3行までは立派なこと書いてると思ったが
似たりよったりのただの自論屋さんですな。
| ↑ | 2013/07/30 1:27 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wa-shin-do.jugem.jp/trackback/167
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ