blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
<< 2012年11月21日のつぶやき | main | 2012年11月23日のつぶやき >>
手首の痛み〜常識を疑ってみましょう!〜
野球をしている患者さん。

2ヶ月前にバッティング中に左手首を傷める。

バットにボールがあると痛みがでるため、手首の治療を続けながら練習をしていたがいっこうに良くなる気配がなく来院する。

身体の状態を観ると右打ちで踏み込む左足が股関節から外側に流れていた。

左の股関節の動きを治すと、手首の痛みも消失した。

2週間後来院された際症状を確認すると、バッティングをしても全く痛みがなくなったとのこと。

通常、「手首の痛み」の原因が「股関節」にあるとは考えません。

しかし、事実として股関節を治すことによって手首の症状がなくなっています。

今回の「手首の症状」の原因は間違いなく「股関節」だったのです。

そのため手首がを2ヶ月間治療しても良くならなかったのです。

一般常識では「痛い場所」を一生懸命治療します。

しかし、「痛い場所」と「痛みの原因の場所=治療すべき場所」は異なることがほとんどです。

治らないのは「原因のとらえ方が間違っている」か、「治療法が間違っている」可能性があります。

常識を疑い、常識をくつがえした人がノーベル賞ととっています。

常識にとらわれず、柔軟な発想で身体を捉えることが重要です。


物理の法則から「動き」を治す専門の治療院

運動機能コンサルタント 和心道接骨院

物理的に理にかなった動きができるよう身体のバランスを治します!


さいたま市桜区上大久保709

Tel.(048)858-7760 (予約優先)


スポーツ外傷 スポーツ障害

野球肩 野球肘 テニス肘 オスグッド シンスプリント

腰痛 膝痛 手首・肘の腱鞘炎 

骨折 脱臼 打撲 捻挫 肉離れ etc.


競技能力の向上

フォームの改造・改良〜より効率よく自分の力を出すために〜

野球 テニス バドミントン 卓球 

サッカー バレーボール ラグビー

柔道 剣道 空手 ボクシング レスリング 相撲

陸上競技(短距離、長距離、投てき、跳躍) 水泳 スキー 重量挙げ

バレエ フラダンス

etc.


首、肩、腰、膝、その他、身体の各所の痛み

交通事故 むち打ち


| 和心道 | 手首の痛み | 23:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:54 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wa-shin-do.jugem.jp/trackback/212
万年補欠から4番バッターに・・・
基本に忠実に地道に自主練習すること。それが実力をつける方法です。あなたも基本的なバッティングの理論を身に付けて子供や選手たちの良いコーチとなり威厳を見せてやりませんか?
| 3日で一流の打撃コーチになれる指導法 | 2012/12/04 8:21 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ