blog index

スポーツ障害・スポーツ外傷 早期克服応援サイト

さいたま市桜区 和心道接骨院
スポーツでがんばっているすべての人を応援しています!
<< 2013年06月21日のつぶやき | main | 2013年06月23日のつぶやき >>
手首の痛み〜本質を見極める〜
野球をやっていて手の甲に打球をぶつけて右の手首を傷めた患者さん。

1ヶ月経っても痛みがとれないとのこと。

身体の状態を見て治したのは右の股関節、右手の親指の付け根、右の肘の筋肉。

これによってどの方向に動かしても痛みがでなくなりました。

痛いのは手首でも、手首自体が悪いわけではなく、根本的な原因は全く違ったところにあります。

ドラマ「ガリレオ」での湯川先生の口癖は「現象には必ず理由がある」。

現象(症状)と理由(原因)を取り違えてはいけません。

手首が痛い≠手首が悪い

つまり、手首を治療しても意味がない、ということです。

なぜ1ヶ月も手首が痛いままなのか、その理由を論理的に導き出すことが重要なのです。


和心道接骨院
http://homepage3.nifty.com/wa_shin_do/
さいたま市桜区上大久保709
Tel.048-858-7760(予約優先)
| 和心道 | 手首の痛み | 00:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:06 | - | - |
コメント
小学生からバスケを始めて、今も続けている30代です。
2ヶ月前に手首に痛みがあり、手の専門の外科で診察を受けてTFCC損傷と診断されました。
専用のサポーターで固定をして3ヶ月経っても改善されなければ手術と言われています。
今は全くバスケはできない状態です。できれば手術せずにバスケができるようになりたいです。
可能性はあるでしょうか?
あるようなら近くに住んでいますので伺いたいと思うのですが・・・
| はち | 2013/11/07 11:25 AM |
はちさん、はじめまして。
ブログにもあるように、手首の痛みの原因が手首にないことは多々あります。
ブログの方以外にも、手首が激痛で全く動かせず、医師からは手術と言われた方が何人もいらっしゃいましたが、皆さん、手術せず良くなっています。これは、手首だけではなく、身体全体を総合的に観て、治したからです。
「木を見て森を観ず」という言葉があるように、痛い場所だけにとらわれず、痛みの原因を正しくとらえて治療できれば、手術せずに治すことは可能だと考えます。
お気軽にご相談ください。
| 和心道 | 2013/11/08 12:01 PM |
ありがとうございます。
少し希望が見えました。
近いうちに伺えたらと思います!
| はち | 2013/11/08 12:43 PM |
良かったです。
ご連絡、お待ちしております。
| 和心道 | 2013/11/08 4:37 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wa-shin-do.jugem.jp/trackback/260
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ